お仕事のご依頼はこちらから|WEB、DTP、起業相談

在宅ワーク|誰でもできる「受注率を上げるコツ」3つ+1つ

在宅ワーク|誰でもできる「受注率を上げるコツ」3つ+1つ

「クラウドソーシング」と呼ばれるサービスで
在宅ワークを始める方が増えています。

▼ 始め方はこちらの記事をどうぞ。

実際に在宅ワークを始めてみると
こんな困りごとに直面する方が多いです。

▶ 応募しても受注できない
▶ 長期契約を取りたいが受注できない
▶ 応募よりスカウトで受注したい
 

この記事では、

 
解決できます!
クラウドソーシングで受注率アップのコツ3つ
◎ 長期契約・スカウト受注できるようになるコツ1つ
 
 
ぜひ取り入れ、
楽しく前向きに在宅ワークができる自分を実現しましょう!

この記事は編集長みゆなが書いています。

 

◎複数のクラウドソーシング経験あり
◎スカウト受注実績あり

編集長|みゆな
編集長|みゆな

クラウドソーシングで最も注力すべきポイント

クラウドソーシングでは、
クライアントさんと「テキストメッセージのやりとり」が主になります。

この「テキストメッセージのみ」という点、
意識できていますか?

テキストメッセージのみだからこそ、
ちょっとした工夫で
継続的・安定収入を得ることができるようになります。

ポイントは“クライアントさんへの思いやり”です。

難しくはありません、むしろ
皆さんなら得意分野のはず。

ぜひ取り入れ、
売れっ子クラウドワーカーをめざしてみてください!

受注できるコツ3つ

プロフィール欄は全て埋める

①空欄を作らない

プロフィール欄は、クラウドソーシング上で「あなたが仕事を発注する相手として適切か」をクライアントさんが判断する重要なページです。

クライアントさんはプロフィールを見て発注するかを決めることが多いです。

すべての項目を正しい情報で埋めましょう。それだけでアピールポイントが増えます。

ポートフォリオは例外ですね。提示できるものがなければ空欄でもやむをえません。

②「読み手にやさしい」を心がけて

読み手にやさしい」を心がける点も工夫できます。

プロフィール項目その他が全て埋まっていても、
読みにくい文章で埋められていては、そもそも読んでもらえません。


クライアントさんは1日に何十人ものプロフィールを見ているということを忘れないでください。

▶ 正しい言葉遣いで
▶ 表現は簡潔に
▶ 適度に改行や余白を入れる
▶ 分かりやすい表現を使う

当たり前だと思いますよね?

でもごく基本的な文章マナーができていない人が多いんです。

ということはあなたが「ちゃんと」書いておく、それだけで他より目立てるということです。

表現が不自然な箇所を見つけるには、
声に出して読んでみるといいですよ。

プロフィール画像も変えておきましょう。

「デフォルトではない」というだけで、『ちゃんとひと手間かけて、この仕事に真摯に向き合おうとしている人だな』という印象を与えられます。

できそうな案件はどんどん応募する

スタートしたばかりのうちは、実績ゼロです。
実績ゼロの人にスカウトは来ません。

まず遠慮なく応募し、受注し、実績を増やしましょう。
クラウドソーシングの世界では、実績=信頼だからです

「応募した案件がすべて受注できたら、こなしきれない」

確かにそうですね。
でも大丈夫、初めから困るほど受注できない現実があります。

受注することを最優先にどんどん応募してみましょう。

テスト段階の案件も、自分最高レベルの完成度で

本契約の前に「テスト案件」があることもよくあります。

「お試しだから」と手を抜いてはいけませんか?
テスト段階こそ自分にできる最高の完成度で納品しましょう。

あなたは試されているのです。
相手の期待を上回る納品物が完成してこそ、
「この人に引き続きお願いしようかな」と思うもの。

時間をかけて丁寧に、相手の依頼に正確に仕上げてみてください。

スカウト依頼がくるようになるためのコツ1つ

プロフィールを丁寧に書き、
多くの案件に応募し、
テスト段階でも最高完成度で納品という3ステップを続けると、
新規の提案も通りやすくなった自分に気づきます。

次は長期契約・スカウトを狙っていきましょう。

メッセージのやりとりに人間味を出す

クライアントさんの「記憶に残るワーカーになるとも言えます。

案件発生時に、真っ先に思い浮かべてもらえる自分になればいいんです。覚えてもらえれば、お願いしようと思ってくれる可能性がグンと高まります。

ここで生きてくるのが「テキストメッセージ」です。

もしかしてやり取りの際、
事務的に用件だけで済ませていませんか!?

それはもったいない!

ここで差をつけられます。
メッセージに、ちょっとした人間味を出すのです。

メッセージ人間味を出す一例

例えば、こんな一文を挟んでみましょう。

 

記憶に残るメッセージ例
★ 雨が続きますね、体調崩されていませんか?
★ ××さん、遅い時間までお疲れ様です!
★ 明日は遠出の予定なので、返信が夜遅くになるかもしれません!

一文でいいです。

名前を知っている場合は呼びかけたり、
相手を案じたり、
こちらのプライベートをちょっとだけ見せたり。

そんな「人間味」あるテキストメッセージのやりとりは、人の気持ちを和ませます。

事務的なやりとりが多い中、人間味あふれるメッセージが入っていると、間違いなくクライアントさんの印象に残れます!

まとめ

クラウドソーシングを使った在宅ワークを受注しやすくできるコツをご紹介しました。

あくまで主役は依頼された制作物です。
そのクオリティと完成度には絶対に手を抜かない。
約束納期は厳守。

さらに「記憶に残るワーカー」になるスパイスとして、
使っていただけると嬉しいです。

今回はこれくらいで。
下にオススメのクラウドソーシングをご紹介しますので、
ぜひ見てみてください。

ご連絡はこちらから

WEBから紙までOK! コンセプトからデザインまでOK! 事業化の相談、教育相談等承ります。 お気軽にどうぞ。

副業を始めてみようカテゴリの最新記事